玄菜院
トップ | 玄菜院:nymphaea paradis

nymphaea paradis

横浜SOGO「お食事ちゅうぼう」出店

横浜SOGO「お食事ちゅうぼう」出店
12月13日~19日、横浜SOGOイートイン「お食事ちゅうぼう」に出店します。ビーガン対応のベジタリアン・ヌードル「玄菜麺」を、1週間だけ販売します。

「鎌倉大根収穫祭」無事終了

「鎌倉大根収穫祭」無事終了
「鎌倉大根収穫祭」無事終了しました。大きな「収穫」です。素晴らしい方々との新たな出会いがありました。鎌倉大根のベジヌードルも、かなり、納得の出来る味で提供出来たと自負しています。農業技術の専門家の方々から、素敵な情報も頂き、「鎌倉大根」の新たな試みが始まります。

「四季 いのちの食卓」訪問

「四季 いのちの食卓」訪問
最近閉店した、南雲農園の古民家風レストラン「四季 いのちの食卓」を訪問しました。店内のデザイン、調度品など、十分に配慮された、素敵なお店でした。厨房も、普段我々が働いている狭苦しいものとは違い、ゆたっりとしたオープンキッチンです。私の夢であるnymphaea paradis!を実現するには、最高のシチュエーションです。なんとか、この店舗を活用した、事業を構築したいと考えています。

「鎌倉大根収穫祭」

「鎌倉大根収穫祭」
11月26日に、鎌倉佐助の「佐助稲荷神社」と大根料理「福来鳥」で開催される「鎌倉大根収穫祭」において、「鎌倉大根ベジヌードル」が、正式にデビューします。

「鎌倉大根ベジヌードル」

「鎌倉大根ベジヌードル」
「鎌倉大根ベジヌードル」が完成しました。多くの方々が支援してくれる中で、味を組み立てていく作業を楽しみながらの開発でした。これまであまり縁のなかった「大根」という素材と徹底的に向かい合い、「大根」の持つ美味しさを最大限に引き出すべく、素材と対話を続ける時間は、至福の時間でした。「鎌倉大根ベジヌードル」の正式なデビューは、今月26日の「鎌倉大根収穫祭」になりますので、さらに、「精進」していきたいと考えています。

鎌倉大根によるベジヌードル「玄菜麺」

野菜たちとの静かな対話を続けながら、開発してきた大根ベジヌードル・・・。それは、道元禅師の自然観のごとく、野菜を介して、私と大地が一体化する素敵な時間でした。夫々の野菜たちが、静かに主張する旨みを、最大限に引き出すべく調理するのが私の使命と信じ、研究を続けて来ました。いよいよ、鎌倉大根の収穫も始まり、今週からは、実際に、鎌倉大根を使った研究活動に入ります。

nymphaea paradis 実現に向けて

私の「百姓レストラン」を中核とした、食と農の本来の在り方を追求するための拠点としての「nymphaea paradis」事業企画が、夢ではなくなりつつあります。我々の自然農法研究拠点である壬生農場から、本日、無農薬野菜が届きました。土壌改良の成果として、かなり、素晴らしい野菜になって来ています。近隣の農産物直売所で、身分を隠して、慣行農法の野菜たちに紛れらせつつ販売していますが、結構、評判が良いようです。元気なバクテリアたちに支えられた野菜が美味しいのは当然ではありますが・・・。それはともかく・・・、「nymphaea paradis」企画、夢として語って来た部分も多いのですが、食と農の在り方として、評価し、協力を申し出てくれる方々が現れ始めました。「百姓レストラン」プロジェクトを、リアルな数字で、事業計画として提案する必要が出て来ました。感謝、です。

本格ベジカレーと「玄菜麺」のコラボに挑戦

知人のインド料理店に 「玄菜麺」スープを持ち込み、 先方の本格的なベジカレーとのコラボに挑戦しました。 「玄菜麺」の可能性としては、最近は、素材としてのスパイスとハーブに注目していました。 「Spice Zen」の厨房では、様々な研究活動を続けさせて頂きましたが、資金的な問題などから、コラボ店舗の開業は出来ませんでしたが、今回、インドと日本の新たな関係構築のプロジェクトに参加させていただくことになり、まずは、内々の試食会を企画することになりました。 予想していた通り、独特なスパイスの活かし方と「玄菜麺」スープとの相性は素晴らしく、本格的なコラボ商品の構築に動くことになりました。 今回は、内々の経営戦略研究会での企画としての試食会ですが、 次回は、都内の高級インド料理店を貸し切り、インド古典音楽の演奏会も加えた試食会を行いたいと考えています。

本格ベジカレーと「玄菜麺」のコラボに挑戦

知人のインド料理店に 「玄菜麺」スープを持ち込み、 先方の本格的なベジカレーとのコラボに挑戦しました。 「玄菜麺」の可能性としては、最近は、素材としてのスパイスとハーブに注目していました。 「Spice Zen」の厨房では、様々な研究活動を続けさせて頂きましたが、資金的な問題などから、コラボ店舗の開業は出来ませんでしたが、今回、インドと日本の新たな関係構築のプロジェクトに参加させていただくことになり、まずは、内々の試食会を企画することになりました。 予想していた通り、独特なスパイスの活かし方と「玄菜麺」スープとの相性は素晴らしく、本格的なコラボ商品の構築に動くことになりました。 今回は、内々の経営戦略研究会での企画としての試食会ですが、 次回は、都内の高級インド料理店を貸し切り、インド古典音楽の演奏会も加えた試食会を行いたいと考えています。

「玄菜麺」の新たな可能性に挑戦中

「玄菜麺」をメニューとして仕込むことがなくなって、ずいぶん、時間が経ちました。ただ、再評価の流れは、確実に感じており、様々な形で、あくまでも関係者向けではありますが、試食用に仕込みは続けています。「玄菜麺」のブラッシュアップは、私のライフワークのようなものですので、毎回、使用する食材、調理方法において、新たな可能性に挑戦し続けています。ここ1~2年は、道元禅との対峙をメインにしつつも、様々な飲食店でのアルバイトを続け、料理の新たな領域に関わり、学び続けてきました。また、様々な、素晴らしい方々との出会いもあり、かなりの柔軟思考を自負する私ですら思いつかない、斬新な発想を得ることも出来ました。「○亀」でのアルバイトの合間だけですが、最近は、「玄菜麺」の新たな可能性に挑戦中です。今日は、いくつかの小麦粉を仕入れて来ましたので、明日は、かなり斬新な麺づくりに挑戦したいと考えています。

鎌倉での大根料理との出会いから・・・

鎌倉での大根料理との出会いから・・・
鎌倉「福来鳥」さんでの 素晴らしい方々との出会いをきっかけに 可能性に満ちた「食」のプロジェクトが 静かに、しかし、確実に 動き始めました。 泥の中から、美しく咲く白睡蓮の花のごとく・・・、 社会の底辺で、泥の中を這いずりながらも追求してきた、食の在り方、様々な素材や調理法の研究が、花開くチャンスが訪れたようです。

「百姓レストラン」事業企画 じっくり構想中

「百姓レストラン」事業企画 じっくり構想中
久々に、講演会の講師として、お話しする機会を得、現時点で、私が挑戦している事業プロジェクト「Nymphaea Paradis」についても言及しました。予想以上に、「農」に対して興味のある方がおり、参考になる情報を得ることが出来ました。周囲の、農業関係の方々からも、ご意見を頂きながら、最先端技術も導入しつつ、何とか、収益性のある事業として構築し、その中核で、小さな「百姓レストラン」の店主として、自分の「食」へのこだわりを追求して行きたいと考えています。「食」「農」「健康」をトータルに追求する方々の、ご参加を求めています。

nymphaea paradis

nymphaea paradis
多くの方々との新たな出会い、再会・・・。 私のささやかな夢である「百姓レストラン」に、共鳴してくれる方々との出会いがありました。 食材へのこだわりを追求する中で、行きついたのは、自ら生産し、調理、提供するというスタイルでした。 かつて、六次産業的な構想として挑戦していた「GEN Natural Factory」は、NPO法人としてスタートし、茨城県の多くの生産者、支援者を得ながらも、震災による放射能汚染の影響で挫折しました。「玄」撤退後、労働者として、コツコツ貯めた資金を、すべて失いましたが、その後の活動である、「食と農の研究所」を支援してくださる方々により、今一度、挑戦するチャンスをつかみました。白睡蓮のイメージでつながったチームによる「nymphaea paradis」です。

完全オーガニックな玄菜麺スープ

長ネギ、玉ねぎ、にんじん、大根、牛蒡、空芯菜、舞茸、とうもろこし、ニンニク、干しシイタケ、出し昆布・・・ 、とりあえず、以上を確保して、重ね煮し、その後、じっくり煮だし中です。まずまず、イメージ通りの味になりつつあります。動物系スープとの大きな違いは、各野菜素材と、静かに対話しながら、彼らが静かに主張する美味しさを最大限引き出してあげようという姿勢ゆえ、料理の醍醐味を味わえることです。

本格「玄菜麺」スープ仕込み開始

本格「玄菜麺」スープ仕込み開始
仕事仲間から、研究開発費への資金援助があり、彼らからの要請で、久々に、本格的な「玄菜麺」スープの仕込みをしています。「LIMA」「GAIA」で、JAS認定以上の安全な野菜を買い付け「重ね煮」中です。