玄sスタイル
トップ | 玄スタイルとは:NPO活動

NPO活動

NPO法人 GEN Natural Factory

特別非営利活動法人『GEN Natural Factory』

本組織は、大地の恵みを受けて育った「生き物」を食材として愛情を持って接し、「ラーメン」に形を変えて、人々の口に届けながら、その喜びを地域の愛情や地球環境への関心に高めることを使命としています。

生産者や消費者、研究者や学生、お年寄りや子供たちまで、同じ志を持った人たちの輪を広げ、ラーメンを通じて、人と自然の幸せづくりの力添えが出来たら本望です。

「良い」商品を消費者に届け、それを「良い」活動につなげる、「ハイブリット」組織は未来に向けて大きな可能性があります。一人でも多くの人と手を携えて、使命に向かって活動出来れば幸甚の至りです。

   野焼き3.jpg        野焼き2.jpg  

   野焼きs.jpg                末黒野s.jpg   末黒野

※ 画像は、小貝川の生態系保全のため、野焼きを行った時のものです。関東の各大学の学生さんたちが参加して、感動的な「野焼き」を体験出来ました。 

 

 

「玄自然工房」スライドショー

    ↓ 「GEN Natural Factory」のコンセプトを、知人が、スライドショーにまとめてくれました。

 

目的と事業内容


本組織は茨城県産の食材を使用するラーメンをはじめとする食品の開発に関する事業を通じ、安全な食の提供による消費者の健康及び茨城県の農業や商業などの産業の発展、環境保全や社会教育の活発化などに寄与することを目的とします。

[特定非営利活動に係る事業]
1 生産者と消費者を結び付けるコーディネート事業
2 食の安全と環境保全に関する教育事業
3 茨城の食材を使った健康重視の新商品の研究・開発事業
4 店舗開業を目指す人に対するコンサルタント事業
5 豊かな素材を確保するための環境保全事業

[収益に関する事業]
1 茨城県の素材を使ったラーメン関連商品の販売事業
2 店舗のプロデュース並びに弟子育成事業
3 ラーメンと和食の販売事業

環境保全3.jpg        環境保全1.jpg

活動内容

2009年12月12日     生産者訪問ツアー準備のための農家訪問
19日   水戸駅前キャンドルナイトでラーメンを提供
20日   サザコーヒー鈴木社長の
コーヒーと環境についての講座
2010年 1月23日   小貝川の野焼き
2月20日   NPO法人設立記念パーティー
5月 8日   つくば「GEN Natural Kitchen」記念
5月22日   水戸市内での田植え体験イベント参加
6月19日   八郷町で農業体験イベント
6月20日   水戸「キャンドル・ナイト」に出店
7月31日   大洗花火大会イベント企画運営

設立の経緯(by玄)

以前から、「水戸市環境保全会議」のイベントに、ラーメン屋台出店などの形で参加していました。活動の中で、茨城県内の生産者の方々との素敵な出会いがあり、生産の現場での、様々な問題を知ることが出来ました。流通上の障害ゆえの、農産物、水産物の大量廃棄の現状を目の当たりにし、私の立場から、何らかの支援が出来ないか、と考えました。

一度は、ラーメン業からの引退を考えていた私ですが、日本の農業、漁業のために、多少でも貢献したいと考えていました。そして、廃棄の運命にある食材を、食品加工という形で活かすことが、ラーメン事業により可能であると考え、「玄菜院」という拠点と、NPO法人「GEN Natural Factory」を立ち上げました。

現在、「玄菜院」では、多くの生産者の方々から、無農薬野菜などを仕入れ、ラーメンとして提供していますが、仕入れの段階で、傷物、規格外品なども含めての買付を行うことで、仕入れ価格を抑え、お客様にとっても、生産者の方々にとっても、メリットのある仕組の構築を目指しています。